高校通学費補助

更新日:2022年03月28日

補助概要

1.対象

 町内に在住する方で、高等学校(専修学校及び各種学校を含む)にバス通学などをしている生徒の保護者

(ただし、支給対象期間は中学校卒業後3年間です。)  

2.補助金額

バス乗車区間に応じて補助を行います。

定期券を利用している方の補助率

令和2年1学期(4月~7月)まで
  • 世帯全員の町民税所得割課税額の合計が211,200円以下の所得の場合
    バス停区間の学期定期券相当額
  • 世帯全員の町民税所得割課税額の合計が211,200円を超える所得の場合
    バス停区間の学期定期券相当額の3分の2

(注意)課税額を計算する際は、住宅借入金等特別税額控除は適用されません。

令和2年8月以降
  • 保護者の町民税所得割課税額が非課税の場合
    バス停区間の学期定期券相当額
  • 保護者の町民税所得割課税額が課税されている場合
    バス停区間の学期定期券相当額の2分の1

(注意)課税額を計算する際は、住宅借入金等特別税額控除は適用されません。

定期券を利用していない方の補助率

令和2年1学期(4月~7月)まで
  • その他の手段により通学されている方
    バス停区間の学期定期券相当額の分3の1
令和2年8月以降
  • その他の手段により通学されている方
    バス停区間の学期定期券相当額の分4の1

 (注意) 8月分については通学日数に応じた補助となります。

 (注意) 高校3年生の3月分については補助対象外となります。

備考

補助金額の計算にあたっては、「学期別定期券」を基準とします(ただし、8月分については1ヵ月の通学定期券を基準とします)。

定期券を利用している期間と、利用していない期間が混在する場合は、それぞれに月分を計算して、合計額を補助しています。

3.必要書類

  1. 高校通学費補助金交付申請書
  2. 通学定期券を利用している方:通学定期券の原本(各学期・各月分)
    通学定期券以外の手段により通学している方:学生証の写し

(注意) 令和2年4月以降の利用分については、定期券のコピーは不可とします(必ず定期券の原本を提出してください)。ただし、3学期の学期別定期券など、3月1日~3月31日までの申請時に使用中の定期券のみコピー可とします。

申請書ダウンロード

申請書の配布

高校通学費補助金交付申請書は、申請受付期間中、教育委員会学校教育課に備え付けています。

4.申請受付期間及び申請場所

  • 申請受付期間:令和4年3月1日(火曜日)~令和4年3月31日(木曜日)
  • 申請場所:教育委員会学校教育課

(注意)今回は令和3年度分までの未申請分が対象です。

(注意)受付は宇治田原町役場(新庁舎)となります。総合文化センターでは受付をしておりません。

(注意)中学校卒業後3年を超えると申請できませんのでご注意ください。

(注意)令和2年4月以降の利用分については、定期券のコピーは不可とします(必ず定期券の原本を提出してください)。ただし、3学期の学期別定期券など、3月1日~3月31日までの申請時に使用中の定期券のみコピー可とします。

よくある質問

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育課

〒610-0289
京都府綴喜郡宇治田原町大字立川小字坂口18-1

電話番号:0774-88-6612 ファックス:0774-88-3780