ページの先頭です

「ハートのまち」移住定住奨励金・結婚新生活支援補助金

[2021年4月28日]

「ハートのまち」移住定住奨励金・結婚新生活支援事業費補助金

 宇治田原町では、町内の新築・中古物件を取得し、移住されたり、結婚などで町内に転居(近居)をする子育て世帯に対して、奨励金・新生活支援補助金を交付しています。

 この取り組みは、まちの基本的な指針「第5次まちづくり総合計画」、人口減少対策と地域創生のための「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げる宇治田原町の将来目標人口に向けた移住定住施策の一つです。

※令和2年度から令和4年度(令和5年3月31日)までに住宅を取得、移住定住・婚姻された方を対象とする時限制度になります。

制度の概要

  • 町内で新たに自らが居住する新築住宅、中古住宅を取得され、
  • 移住定住のため転入、または婚姻等により新たな世帯を構成するために町内で転居した世帯で、世帯構成員全てが49歳以下(単身者を除く)、または3世代同居となる世帯には25万円を交付
  • 39歳以下の新婚世帯(所得要件あり)には30万円を交付

※奨励金の交付対象者が住宅金融支援機構の「フラット35」で住宅ローンを組まれる場合、金利優遇を受けられる場合があります。(詳しくは、お問い合わせください。)

「ハートのまち」移住定住奨励金・結婚新生活支援補助金チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

対象者の要件

 以下に掲げる要件をすべて満たす方が対象です。
対象者の要件

移住定住奨励金

結婚新生活支援事業費補助金

(1)移住定住のために、令和元年10月1日以降に自らが居住する住宅(新築・中古)を取得

(1)左に同じ

(2)令和2年4月1日から令和5年3月31日に本人又は配偶者が転入、もしくは世帯転居(*単身者を除く)

(2)左に加え、令和3年4月1日から令和5年3月31日に婚姻届を提出・受理

(3)[*転入者のみ] 転入日から過去1年以内に本町の住民基本台帳に記録されたことがない

(3)左に同じ

(4)取得した住宅に係る不動産登記簿上の所有者である

(4)左に同じ

(5)宇治田原町税又は前住所地の市区町村税を滞納していない

(5)左に同じ

(6)過去に本人又は世帯構成員がこれらの奨励金・支援金の交付を受けていない

(6)左に同じ

(7)申請日において、転入日又は転居日から起算して1年を経過していない

(7)左に同じ

(8)構成員すべてが49歳以下(*単身世帯を除く)または3世代同居となる世帯の代表者

(8)婚姻日に夫婦の双方が39歳以下の世帯の代表者

(9) 夫婦の所得合算額が400万円未満の世帯

* 婚姻等を機に離職し申請した場合は所得に含まない等、ほかに優遇要件あり

※単身者のみの世帯は除きます。

※公共工事に伴う住宅移転補償など、一部対象外となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

ご申請は・・・

奨励金・補助金の交付申請書(別記第1号様式)に以下の添付書類を添えて、まちづくり推進課へ提出してください。

添付書類

申請添付書類

移住定住奨励金

結婚新生活支援事業費補助金

(1)世帯構成員全ての住民票の写し

(1)左に同じ

(2)住宅の登記事項証明書の写し

(2)左に同じ

(3)住宅の位置図及び現況写真

(3)左に同じ

(4)宇治田原町税又は前住所地の市区町村税の滞納のない証明(完納証明書、納税証明書など)

(4)左に同じ

(5)誓約書(別記第2号様式)

(5)左に同じ

(6)婚姻届受理証明書又は婚姻後の戸籍謄本の写し

(7)所得金額のわかる書類(源泉徴収票、課税証明書等)の写し

(8)住宅取得費用に係る領収書の写し

(9) 貸与型奨学金の返済がわかるもの

(10)離職票の写し

 * 該当のある場合のみ

参考

お問い合わせ

宇治田原町まちづくり推進課

電話: 0774-88-6616 ファックス: 0774-88-3231


「ハートのまち」移住定住奨励金・結婚新生活支援補助金への別ルート