建 藤 神 社
建藤神社本殿
建藤神社(たてふじじんじゃ)
(本殿、拝殿等が京都府登録文化財、境内が京都府文化財環境保全地域)

 建藤神社は禅定寺地区の氏神で、もとは上社と下社に分かれていました(現在の神社は上社の場所)。天児屋根命を祭神とします。
 現存する棟札によると、下社の創建は天延3(975)年とされます(この棟札は後世の作とみられる)。「禅定寺文書」には後宇多天皇の弘安2(1279)年に藤原兼重が願主となり上、下両建藤神社を造営したと記されています。
 江戸時代中期とみられる現在の社殿には鮮やかな色彩が施されており、平成22年度には檜皮葺の屋根が修復されました。
 禅定寺、建藤神社(上社)、下社の跡はちょうど南北一直線上に並んでおり、計画的に配置された可能性があります。

住所 宇治田原町大字禅定寺小字建藤88
電話 0774−88−3782(猿丸神社)


交通アクセス
公共交通 近鉄「新田辺」、JR奈良線「宇治」、京阪「宇治」から京阪宇治バスで「維中前行き」「緑苑坂行き」「工業団地行き」に乗車、「維中前」又は「岩山」下車、徒歩約40分
毎月13日の猿丸神社月次祭の日は「維中前」から運行される「猿丸神社行き」の臨時便に乗り換え「上手」下車
自動車 国道307号から岩山バイパスに入り、府道大石東線を大津方面へ(宇治田原側から)
大津・石山・南郷から府道大石東線を南下(滋賀県側から)
京滋バイパス利用時は「南郷」IC(名古屋方面より)か「笠取」IC(大阪方面より)から禅定寺地区へ(境内横に駐車場あり)