龍 王 の 滝

龍王の滝(りゅうおうのたき)

 南地区を流れる符作川の上流の山峡の地に、龍王の滝と呼ばれる滝があり、その傍らには祭神を「たかお神(水分神)」とする清滝大権現社が鎮座します。神社の由来はきわめて古く、およそ千二百余年前の天武天皇の時代に、農業に欠くことのできない水を支配する水神として各地の要所にまつったもので、古くは雨乞いの祭を行っていました。
 年中絶えることのない清水が流れ落ちる滝壺は広さ八坪余りで、高さ数十尺の滝の水を受けるにふさわしいものです。
 毎年8月7日に滝祭が行われています。

住所 宇治田原町大字南
交通アクセス
公共交通 JR奈良線「宇治」、近鉄「新田辺」、京阪「宇治」から京阪宇治バスで「維中前行き」「緑苑坂行き」「工業団地行き」に乗車、「郷之口」下車、徒歩約40分(国道307号田原交番・JA田原支店・京都銀行田原支店前交差点を南へ直進)