猿 丸 神 社
猿丸神社本殿 本殿の石猿
猿丸神社(さるまるじんじゃ)

 禅定寺峠のかたわら、本町と大津市曽束町との境界に鎮座し、祭神は、猿丸大夫です。
 猿丸大夫は三十六歌仙の一人として知られていますが、『古今和歌集』に詠み人知らずとして「奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋はかなしき」として詠まれた歌が猿丸大夫の作といわれています。
 伝記に「住吉猿丸大夫、近江栗太郡田上川を溯り、隣村小田原村を経て此の地猿丸の北麓に当たる渓間経路を西に上り、怪岩、奇石多き絶佳の風光を賞嘆されしとて、人此岩を猿丸大夫腰掛石と云う。昔時、大石曽束と禅定寺との境界論争がよく行われたので、社殿を現在の処に遷した」とあります。
 この神は瘤(こぶ)などのできものに霊験があり、京阪神をはじめ各地から、たくさんの参詣者があります。
 大祭は春秋2回、4月13日と9月13日で、毎月の13日を月の祭日としています。また、6月と12月の13日には「火焚き祭」が行われます。境内前の駐車場では毎月の例祭日に地元の特産品を販売する「猿丸市」が開かれ、大勢の人で賑わいます。
 境内は近年、寄付によってモミジが植栽され、「奥山に〜」の歌にふさわしい紅葉の名所として11月には美しく彩られます。

住所 宇治田原町大字禅定寺小字粽谷44
電話 0774−88−3782


交通アクセス
公共交通 近鉄「新田辺」、JR奈良線「宇治」、京阪「宇治」から京阪宇治バスで「維中前行き」「緑苑坂行き」「工業団地行き」に乗車、「維中前」又は「岩山」下車、徒歩約40分
毎月13日の猿丸神社月次祭の日は「維中前」から運行される「猿丸神社行き」の臨時便に乗り換え「猿丸神社」下車
自動車 国道307号から岩山バイパスに入り、府道大石東線を大津方面へ(宇治田原側から)
大津・石山・南郷から府道大石東線を南下(滋賀県側から)
京滋バイパス利用時は「南郷」IC(名古屋方面より)か「笠取」IC(大阪方面より)から禅定寺地区へ(駐車場あり)