大  滝
大滝大明神


大滝(おおたき)
(町指定文化財(名勝))

 鷲峰山系からの清流が十数メートルの滝となっている大滝は町内でも最大級の滝で、その周囲の景観とともに昭和56年に町の名勝に指定されました。
 古くから「大威徳之滝」として絵図にも見られ、不動明王がまつられて「大滝大明神」とも呼ばれていました。
 毎年9月1日に開催される「大瀧祭(おおたきまつり)」は、五穀豊穰・災害除けとして催され、滝の一角に水の神をまつり、滝の上部から滝壺へうなぎ3匹に御神酒を飲ませて放ちます。このうなぎが天までのぼり、雲を呼ぶと言い伝えられていることから、雨乞いの儀式ともされています。
 大滝へは「中谷」の集落を抜けて谷間の林道を進む、夏はひんやりと涼しいハイキングコースです。

住所 宇治田原町大字湯屋谷小字大滝

交通アクセス
公共交通 近鉄「新田辺」、JR奈良線「宇治」、京阪「宇治」から京阪宇治バスで「工業団地行き」に乗車、「工業団地口」下車、徒歩約40分
(「工業団地」を経由しない「緑苑坂行き」の場合、「工業団地口」バス停の位置が「工業団地行き」とは若干異なります)
自動車 国道307号から宇治田原郵便局前で湯屋谷地区に入る(滝の手前に駐車スペースあり、ただし大瀧祭のときは徒歩を推奨)
集落から大滝への道は大型車通行不可