禅定寺五輪塔
(町指定文化財)

建造物(石造)

南北朝時代

 「康永3年(1344)」の年号が刻まれる。この年号は南北朝時代の北朝側のもの。当時の寺の財産を管理していた管理者の跡継ぎに男子がなく、長女の蘭雀女のためにその妹が建てたと伝えられる。

BACK