糠塚の神縄座
完成したカンジョウナワ

名称 糠塚の神縄座(ぬかづかのかんじょうざ)
実施日 2月11日
会場 立川糠塚地区(浄土寺横 糠塚自治会館)
主催者
内容  新年に集落の入口等に「カンジョウナワ(勧請縄)」をかけて、厄災等の侵入を防ぐ行事は各地にありますが、宇治田原町内でも荒木、立川、岩山、禅定寺の各地区で行われています。
 立川の糠塚地区では、旧暦の正月である2月に開催されます。その年の当屋となった家の人は1年間、「熊蔵神社」の宮守を努め、その最後に神縄座を行います。自治会館に集まった地域の人たちにより町内でも最大のしめ縄が作られ、12本の足にシキミがくくりつけられます。完成したしめ縄に浄土寺住職が祈祷を行い、竹で担いで集落入口の「カンジョウノモリ」まで運んで樹木の根元に置きます。
 ここでは他の地区とはちがい、サカキの代わりにシキミを使うこと、僧侶による祈祷など、神仏習合の名残を感じさせる形態が特徴です。

交通アクセス
公共交通 近鉄「新田辺」、JR奈良線「宇治」、京阪「宇治」から京阪宇治バスで「維中前行き」「緑苑坂行き」「工業団地行き」に乗車し「大宮道」下車、徒歩約15分