夏越の大祓式・茅の輪くぐり
茅の輪
名称 夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)・茅の輪くぐり(ちのわくぐり)
実施日 7月31日・7月下旬
会場 大宮神社(大字荒木小字天皇)
主催者 大宮神社
内容  7月下旬(31日の概ね1週間前)、氏子総代らが高尾地区で刈り取った茅やわらで作った直径2.5mの「茅の輪」を表参道側の鳥居前に設置。左足でくぐって入り、右足から出ると、疫病から逃れるといわれます。31日午後6時から境内で「夏越の大祓式」が行われます。
交通アクセス
公共交通 近鉄「新田辺」、JR奈良線「宇治」、京阪「宇治」から京阪宇治バスで「維中前行き」「緑苑坂行き」「工業団地行き」に乗車、「大宮道」下車、北側へ徒歩約10分