柿屋
贄田(役場近く) 立川糠塚地区
 宇治田原独特の干し柿「古老柿」を干すための棚である「柿屋」は、刈り取りの終わった田の中に、11月上旬から組み立てられます。丸木の骨組みにワラで屋根を葺きますが、その作業は農家の方の手作業で行われます。こうした風景はまさに宇治田原ならではの初冬の風物詩といえ、古老柿が完成し、柿屋が解体される12月下旬までしか見ることができません。
見学と撮影ポイント
 柿屋は町内各地で見ることができますが、特に立川の大道寺地区では、狭い範囲にいくつもの柿屋が立ち並び、町内で最大規模の柿屋もあります。周囲の田畑や集落と一体となった景観は見物です。
注意点
 見学や撮影は周囲からにしましょう。また、農作業中の人を撮影する場合は一言断ってからにしましょう。
岩山(維中前近く) 南老中地区
南名村地区 南切林地区
立川大道寺地区 立川平岡地区
所在地 宇治田原町内の湯屋谷・奥山田地区を除く各地
古老柿や柿屋のできるまでと分布マップは「特産品」で
交通アクセス
近鉄「新田辺」、JR奈良線「宇治」、京阪「宇治」から京阪宇治バスで「維中前行き」「緑苑坂行き」「工業団地行き」に乗車、「役場南」、「維中前」等下車徒歩