○宇治田原町老人福祉施設の管理及び運営に関する規則

平成18年9月1日

規則第20号

宇治田原町老人福祉施設の管理及び運営に関する規則(昭和51年規則第2号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規則は、宇治田原町老人福祉施設設置及び管理に関する条例(昭和51年条例第4号。以下「条例」という。)第10条の規定に基づき、設置する宇治田原町老人福祉センターやすらぎ荘(以下「やすらぎ荘」という。)の管理及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(利用者の資格)

第2条 やすらぎ荘を利用することができる者は、次のとおりとする。

(1) 本町に居住する満60歳以上の者

(2) 高齢者を対象とした事業、又は多くの高齢者の参加が見込まれる事業を開催する団体

(3) 高齢者の福祉の向上に寄与するための公益的な活動を行う団体

(4) 前各号に規定する者のほか、町長が適当と認めた者

(利用施設)

第3条 やすらぎ荘の利用施設は、別表のとおりとする。

(利用許可の申請)

第4条 やすらぎ荘を利用しようとする者は、条例第6条の規定により、やすらぎ荘利用許可申請書(別記第1号様式。以下「申請書」という。)を使用しようとする日の3月前から1週間前までに指定管理者に提出しなければならない。

(利用許可の順位)

第5条 やすらぎ荘の利用許可は、申請書を受理した順位によって行うものとする。

(利用許可書の交付)

第6条 やすらぎ荘の利用を許可する場合は、やすらぎ荘利用許可書(別記第2号様式。以下「許可書」という。)を申請者に交付する。

2 許可書の交付を受けた者(以下「利用者」という。)は、利用の際に許可書を携帯し、請求があったときは、これを呈示しなければならない。

(利用許可の取消し)

第7条 利用者が利用の取消しをするときは、速やかに許可書を添えて指定管理者に申し出なければならない。

(浴場の利用)

第8条 浴場を利用しようとする者は、浴場利用届(別記第3号様式)に必要な事項を記入し、指定管理者に届け出なければならない。

(開館時間等)

第9条 やすらぎ荘の開館時間及び休館日は、次のとおりとする。

(1) 開館時間は、午前9時から午後5時までとする。

(2) 休館日は、日曜日及び土曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号。以下「祝日法」という。)に規定する休日並びに12月28日から翌年1月4日までの日(祝日法に規定する休日を除く。)とする。

2 前項の規定にかかわらず、第2条各号に規定する利用者が、事業の開催又は公益的な活動を行うため、午後5時から午後10時までの間又は日曜日及び土曜日の施設利用を希望する場合は、指定管理者は、その利用を許可することができる。

3 前2項の規定にかかわらず、指定管理者は、必要と認める場合は開館時間等を変更することができる。

(利用者の遵守事項)

第10条 利用者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 許可を受けた目的以外に利用し、又は利用する権利を他に譲渡しないこと。

(2) 設備の準備、撤収及び原状への回復を行うときは、指定管理者の指示に従うこと。

(3) 施設及び設備等を汚損し、損傷し、又は滅失したときは、届け出ること。

(4) 火災防止に努めること。

(5) その他指定管理者の指示に従うこと。

(利用の禁止)

第11条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、利用を禁止することができる。

(1) その利用が公の秩序をみだすおそれがあるとき。

(2) その利用が施設及び設備等を汚損し、損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 営利を目的として利用するとき。

(4) その他施設管理上支障があるとき。

(補則)

第12条 この規則に定めるもののほか、その他必要な事項は、指定管理者が町長と協議して別に定める。

附 則

この規則は、平成18年9月1日から施行する。

附 則(平成25年7月1日規則第12号)

この規則は、平成25年7月1日から施行する。

別表(第3条関係)

利用施設

室名

多目的室1

多目的室2

多目的室3

和室

会議室

浴場

陶芸室

画像

画像

画像

宇治田原町老人福祉施設の管理及び運営に関する規則

平成18年9月1日 規則第20号

(平成25年7月1日施行)