○宇治田原町立保健センター設置及び管理に関する施行規則

昭和60年4月1日

規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、宇治田原町立保健センター設置及び管理に関する条例(昭和60年条例第3号。以下「条例」という。)の施行に関して必要な事項を定めることを目的とする。

(事業)

第2条 宇治田原町立保健センター(以下「保健センター」という。)で行う保健活動は、次に掲げるとおりとする。

(1) 保健指導に関すること。

(2) 栄養指導に関すること。

(3) 各種検診に関すること。

(4) 各種予防接種に関すること。

(5) その他、地域住民の健康の増進に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、町長が特に必要と認めること。

(職員及びその職務)

第3条 保健センターに所長及び職員若干人を置く。

2 所長は、施設の管理及び運営に関する事務並びに職員を掌理し、職員は、所長を補佐し、施設の管理及び運営を掌る。

(開所時間)

第4条 保健センターの開所時間は、次に定めるところによる。

(1) 月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時まで

2 前項の規定にかかわらず、町長が必要と認めた場合には、開所時間を変更することができる。

(休所日)

第5条 保健センターの休所日は、土曜日、日曜日、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号。以下「祝日法」という。)に規定する休日及び12月29日から翌年の1月3日まで(祝日法に規定する休日を除く。)とする。

2 前項の規定にかかわらず、町長が必要と認めた場合には、休所し、又は開所することができる。

(使用の手続)

第6条 保健センターの施設を使用しようとするものは、保健センター使用許可申請書(別記第1号様式)を町長に提出し許可を受けなければならない。

2 町長は、前項の規定により施設の使用を許可したときは、許可済みの旨を明らかにするため保健センター使用許可書(別記第2号様式)を交付する。

3 町長は、必要があると認めたときは、前項の許可に条件を付し、又は必要な指示を示すことができる。

(規律の遵守)

第7条 保健センターの施設を使用するもの又は保健センターを使用するものは、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 保健センター内において、他人の迷惑になるような行為をしないこと。

(2) 保健センター内に、危険物等を持ち込まないこと。

(3) 前2号に定めるもののほか、保健センター内の秩序維持に関し町長が指示すること。

(使用許可の取消し等)

第8条 町長は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、その使用を許可せず、又はその許可を取り消すことができる。

(1) 保健センターの使用が施設、設備又は器具を損傷するおそれがあるとき。

(2) 保健センターの施設を使用しようとするもの又は保健センターを使用しようとするものが前条の規定に違反してこれを使用しようとし、又は使用したとき。

(3) その他保健センターの管理及び運営上支障があるとき。

(損害賠償)

第9条 保健センターの施設を使用するもの又は保健センターを使用するものは、建物、設備その他の物件を破損し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、町長が特別の事情があると認めたときは、この限りでない。

(補則)

第10条 この規則で定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年4月1日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年3月31日規則第9号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

画像

画像

宇治田原町立保健センター設置及び管理に関する施行規則

昭和60年4月1日 規則第4号

(平成12年3月31日施行)