○児童遊園整備事業費補助金交付要綱

平成元年6月21日

要綱第3号

(趣旨)

第1条 町は、児童に健全な遊び場を与え、その健康を増進するとともに交通事故等から児童を守るため、宇治田原町内の各区及び自治会が行う児童遊園整備事業に要する経費について、この要綱の定めるところにより、予算の範囲内において補助金を交付する。

(定義)

第2条 この要綱において「児童遊園」とは、次に掲げる事項に適合するものをいう。

(1) 設置主体

設置主体は、区及び自治会とする。

(2) 設置基準

ア 敷地面積は、100m2以上1,000m2未満とする。

イ 設備の内容は、地域の実態、対象児童及び敷地面積に応じたものとする。

(設置届出等)

第3条 児童遊園施設を設置し、変更し、及び廃止しようとする者は、児童遊園設置(変更・廃止)届出書(別記第1号様式)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項に規定する届出内容が適当であると認めたときは、児童遊園台帳(別記第2号様式)に必要事項を登載しておかなければならない。

(補助対象経費等)

第4条 第1条に規定する経費(以下「補助対象経費」という。)及び補助金の額は、別表に定めるとおりとする。

(交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者は、児童遊園整備事業費補助金交付申請書(別記第3号様式)を町長に提出しなければならない。

(交付内示)

第6条 町長は、前条に規定する申請書を受理した場合は、これを審査し、適当であると認めたときは、児童遊園整備事業費補助金交付内示(別記第4号様式)を申請者に交付するものとする。

(事業実施及び完了報告)

第7条 前条に規定する内示を受けた者は、速やかに事業を実施し、事業を完了したときは、直ちに児童遊園整備事業完了届出書(別記第5号様式)を町長に提出しなければならない。

(完了検査、交付決定等)

第8条 町長は、前条に規定する届出書を受理したときは、完了検査のうえ交付を決定するとともに、申請者に児童遊園整備事業費補助金交付決定通知書(別記第6号様式)を交付し、補助金を交付する。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、児童遊園整備事業費補助金の交付に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成元年度分の補助金から適用する。

附 則(平成25年4月1日要綱第11号)

この要綱は、平成25年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

区分

補助対象経費

1箇所当たりの補助金の額

整備

(1) 遊具費

(2) 附帯設備費(ベンチ、フェンス、便所、植樹等)

(3) 工事費

(4) 修理費

他の補助金等の収入を除いた補助対象経費のうち50,000円を超える額とする。ただし、算出された額に1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとし、500,000円を限度とする。

管理

保険料

全額

画像

画像

画像

画像

画像

画像

児童遊園整備事業費補助金交付要綱

平成元年6月21日 要綱第3号

(平成25年4月1日施行)