○宇治田原町総合文化センター設置及び管理に関する条例施行規則

平成8年3月27日

教委規則第5号

(館長等の職務)

第2条 館長は、条例第6条の事業を実施するため、宇治田原町総合文化センター(以下「文化センター」という。)の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 その他の職員は、館長の命を受け、その所管に属する業務を処理する。

(開館時間)

第3条 文化センターの開館時間は、午前9時から午後10時までとする。

2 館長は、前項の規定にかかわらず、必要と認める場合は、教育長の承認を得て、開館時間を臨時に変更することができる。

(休館日)

第4条 文化センターの休館日は、次のとおりとする。

(1) 火曜日(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第2条に規定する国民の祝日を除く。)

(2) 12月28日から翌年の1月4日までの日

2 館長は、前項の規定にかかわらず、必要と認める場合は、教育長の承認を得て、休館日を変更し、又は臨時に休館することができる。

(使用許可の申請)

第5条 文化センターの使用許可を受けようとする者は、条例第8条の規定により、宇治田原町総合文化センター使用許可申請書(別記第1号様式。以下「申請書」という。)を提出しなければならない。

2 文化センターの使用の申請は、次に定める期間内に行わなければならない。ただし、館長が特別の事由があると認める場合は、この限りでない。

(1) ホールの使用受付期間は、使用しようとする日(引き続き2日以上使用しようとする場合は、その最初の日をいう。以下「使用日」という。)の1年前の日の属する月の初日から使用日の1月前までとする。

(2) ホール以外で、特別の設備等により準備することが必要な場合は、使用日の3月前の日の属する月の初日から使用日の1月前までとする。

(3) 前2号以外の場合は、使用日の3月前の日の属する月の初日から使用日の1週間前までとする。ただし、第1号の施設と併せて使用する場合は、同号に規定する期間とする。

(使用許可の順序)

第6条 文化センターの使用許可は、申請の順序によって行うものとする。

2 前項の場合において、2以上の申請が同時に行われた場合は、協議又は抽選により決定するものとする。ただし、館長が特に認める場合は、この限りでない。

(使用許可書の交付)

第7条 文化センターの使用を許可する場合は、宇治田原町総合文化センター使用許可書(別記第2号様式。以下「許可書」という。)を交付する。

2 文化センターの使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、使用の際常に許可書を携帯し、請求があったときは、これを提示しなければならない。

(使用許可の取消し等)

第8条 使用者が使用の取消し、変更又は設備、備品等の使用を変更しようとするときは、直ちに宇治田原町総合文化センター使用取消し・変更許可申請書(別記第3号様式)を先に交付を受けた許可書を添えて、館長に申請しなければならない。

2 前項による申請は、使用日の1週間前までに行わなければならない。

3 館長は、取消し又は変更を許可するときは、宇治田原町総合文化センター使用取消し・変更許可書(別記第4号様式)を交付する。

4 使用者は、変更により使用料に不足が生じるときは、直ちに不足額を納付しなければならない。

(継続使用の制限)

第9条 文化センターの使用期間は、引き続き5日を超えることはできない。ただし、館長が特別の事由があると認める場合は、この限りでない。

(使用時間)

第10条 使用時間には、準備及び後片付けに要する時間を含めるものとする。

2 使用時間の繰上げ又は延長は、管理及び運営上に支障のない場合に限り、許可することができる。

3 使用者は、使用時間を繰上げ又は延長しようとするときは、館長の許可を受けなければならない。

4 使用者は、使用時間の繰上げ又は延長により生じた使用料を直ちに納付しなければならない。

(設備、備品等使用料)

第11条 条例第12条第2項に定める設備、備品等の使用料は、別表のとおりとする。

(使用料の減免措置)

第12条 条例第13条第1項の規定に基づく使用料の減額又は免除を受けようとする者は、宇治田原町総合文化センター使用料減免申請書(別記第5号様式)を館長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第13条 条例第14条ただし書の規定による使用料の還付及びその額は、次のとおりとする。

(1) 災害その他使用者の責めに帰することができない特別な事由により使用することができなくなったとき 全額

(2) 使用日の1月前までに使用を取り消したとき 全額

(3) 使用日の1週間前までに使用を取り消したとき。ただし、ホールの使用は除く 半額

2 使用料の還付を受けようとする者は、宇治田原町総合文化センター使用料還付申請書(別記第6号様式)を館長に提出しなければならない。

(特別設備の設置)

第14条 条例第15条に基づき文化センターに特別の設備を設け、又は既設の設備に変更を加えて使用しようとする者は、宇治田原町総合文化センター特別設備設置許可申請書(別記第7号様式)を館長に提出しなければならない。

2 館長は、特別の設備又は設備の変更を許可するときは、宇治田原町総合文化センター特別設備設置許可書(別記第8号様式)を交付する。

(使用者の遵守事項)

第15条 使用者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 許可なく施設及び設備、備品等を使用しないこと。

(2) 許可なく備品等を移動しないこと。

(3) 設備の準備、撤収及び原状への回復を行うときは、職員の指示によること。

(4) 所定の場所以外に出入りしないこと。

(5) ごみ等を始末し、館内を不潔にしないこと。

(6) 施設及び設備、備品等を汚損し、損傷し、又は滅失したときは、届け出ること。

(7) その他、職員の指示に従うこと。

(使用の打合せ)

第16条 使用者は、申請書の提出に当たって使用内容を明らかにし、事前に職員と使用方法その他必要な打合せを行うものとする。

(会場責任者の設置等)

第17条 使用者は、使用する施設内及びその周辺の秩序と安全を保持するため、会場責任者を設置するとともに、事業の運営及び会場の整理等について必要がある場合は、適当な人員を配置しなければならない。

(職員の立入り)

第18条 職員は、管理及び運営上必要のあるときは、使用中の場所に立ち入ることができる。この場合において、使用者は、これを拒むことはできない。

(運営委員会)

第19条 文化センターの円滑かつ適切な管理運営を図るため、宇治田原町総合文化センター運営委員会を置くことができる。

(補則)

第20条 この規則に定めるもののほか、文化センターの管理及び運営に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成8年6月1日から施行する。ただし、使用許可の申請その他文化センターを供用するために必要な準備行為は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年4月1日教委規則第5号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成27年2月24日教委規則第3号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年6月27日教委規則第2号)

この規則は、平成29年10月1日から施行する。

別表(第11条関係)

設備・備品等使用料

番号

区分

品名

単位

使用料

(円)

摘要

1

舞台設備・備品

音響反射板

1式

5,000

 

2

平台

1式

1,500

箱馬付き

3

金びょうぶ

1双

1,500

 

4

鳥の子びょうぶ

1双

1,500

 

5

松羽目

1式

1,000

 

6

演台

1台

500

花台、脇台を含む。

7

司会者台

1台

100

 

8

めくり台

1台

100

 

9

指揮者台

1台

300

指揮者用譜面台を含む。

10

譜面台

1式

500

 

11

地がすり

1式

500

 

12

黒紗幕

1式

1,000

 

13

上敷

1式

300

 

14

毛せん

1式

300

 

15

長机

1式

500

 

16

いす

1式

500

コントラバス用椅子を含む。

17

高座座布団

1式

200

 

18

長座布団

1式

200

 

19

高足

1式

500

 

20

木台

1式

300

 

21

け込み

1式

500

 

22

揚幕

1式

300

 

23

雪かご

1式

200

切り紙を含まない。

24

ドライアイスマシーン

1台

1,500

ドライアイスを含まない。

25

グランドピアノ

1台

8,000

調律料を含まない。

26

アップライトピアノ

1台

1,500

調律料を含まない。

27

舞台音響設備・備品

舞台音響セット

1式

3,000

マイク3本、拡声装置セット

28

拡声装置

1式

1,000

 

29

はね返りスピーカー

1式

500

 

30

ステージスピーカー

1式

1,000

 

31

吊りマイク装置

1式

1,000

 

32

コンデンサーマイク

1本

800

 

33

ダイナミックマイク

1本

500

 

34

ワイヤレスマイク

1式

1,500

 

35

マイクスタンド(ブーム)

1式

300

 

36

マイクスタンド(卓上)

1式

200

 

37

マイクスタンド(床上)

1式

200

 

38

舞台照明設備・備品

照明効果機器Aセット

1式

4,000

講演会、演奏会等

39

照明効果機器Bセット

1式

8,000

演劇、芸能等

40

照明効果機器Cセット

1式

12,000

フルセット照明

41

ボーダーライト

1列

1,000

 

42

サスペンションライト

1列

1,000

 

43

アッパーホリゾントライト

1式

3,000

 

44

ロアーホリゾントライト

1式

1,000

 

45

フットライト

1式

600

 

46

シーリングスポットライト

1列

1,000

 

47

スポットライト(1KW)

1式

500

 

48

ピンスポットライト(1KW)

1式

1,500

 

49

持込み照明電源

1KW

200

 

50

映写備品・その他

映写機(ホール)

1式

4,000

スクリーンを含む。

51

スライド映写機

1式

1,000

スクリーンを含む。

52

OHP(オーバーヘッドプロジェクター)

1式

1,000

スクリーンを含む。

53

ビデオプロジェクター

1台

1,000

スクリーンを含む。

54

カラオケシステム

1台

500

 

55

ポータブルCDプレーヤー

1台

300

 

56

ポータブルビデオ

1台

300

 

57

CDラジカセ

1台

300

 

(備考)

1 設備、備品等の使用料は、施設使用許可時間を単位とする。

2 設備、備品等を部分的に使用する場合についても、それに伴う必要実費を徴収する。

3 公演及び催し事業の準備及び練習のために設備、備品等を使用する場合は、使用料に3割を乗じた金額を徴収する。

4 入場料の徴収額(入場料金に段階のある場合は、最高額)が3,000円を超える場合は、使用料に5割を加算した金額を徴収する。

5 営業、宣伝等の目的で使用する場合は、使用料に10割を加算した金額を徴収する。

6 ピアノの調律を必要する場合は、文化センター指定の調律を行うことを原則とし、その際の必要経費は、使用者の負担とする。

7 舞台、音響、照明等の技術者の増員については、文化センター指定の業務委託業者を当てることを原則とする。その場合の必要経費は、使用者の負担とする。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宇治田原町総合文化センター設置及び管理に関する条例施行規則

平成8年3月27日 教育委員会規則第5号

(平成29年10月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成8年3月27日 教育委員会規則第5号
平成12年4月1日 教育委員会規則第5号
平成27年2月24日 教育委員会規則第3号
平成29年6月27日 教育委員会規則第2号