○宇治田原町立小、中学校において使用する教材の取扱いに関する規則

昭和56年12月1日

教委規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第33条の規定に基づき、宇治田原町立小学校及び中学校(以下「学校」という。)において使用する教材(教科書の発行に関する臨時措置法(昭和23年法律第132号)第2条第1項に規定する教科書及び学校教育法(昭和22年法律第26号)第107条に規定する教科用図書(以下「教科用図書」という。)以外の図書その他の教材をいう。以下同じ。)の取扱いに関し、必要な事項を定めるものとする。

(教材の使用)

第2条 学校においては、有益適切と認める教材を使用し、教育内容の充実に努めるものとする。

(教材の選定)

第3条 前条の教材の選定に当たっては、その教育上の効果及び保護者の経済的負担について特に考慮しなければならない。

(教材の承認)

第4条 準教科書(教科書の発行されていない教科及び道徳の主たる教材として使用する図書をいう。以下同じ。)を使用するときは、校長は、あらかじめ教育委員会の承認を受けなければならない。

(教材の届出)

第5条 学年又は学級の全員の教材として計画的継続的に次に掲げるものを使用するときは、校長は、あらかじめ教育委員会に届け出なければならない。

(1) 教科用図書又は準教科書と併せて使用する副読本の類

(2) 学習の過程及び休業中に使用する各種の学習帳及び練習帳の類

(補則)

第6条 この規則の施行について必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則施行の日から昭和57年3月31日までの間に使用する教材については、第4条及び第5条の規定に基づく手続は、要しないものとする。

宇治田原町立小、中学校において使用する教材の取扱いに関する規則

昭和56年12月1日 教育委員会規則第6号

(昭和56年12月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和56年12月1日 教育委員会規則第6号