○宇治田原町職員給与等の口座振込制度実施要綱

平成5年4月1日

要綱第1号

(目的)

第1条 この要綱は、宇治田原町職員に支払う給与等の口座振込に関する基本的事項を定めるものとする。

(趣旨)

第2条 この給与等の振込制度の実施は、給与の支払事務の簡素合理化と安全性の確保を目的とし、職員の便宜を配慮して行うものとする。

(対象職員)

第3条 口座振込の対象職員は、次に掲げる職員のうち給与の口座振込を希望(依頼)するものとする。

(1) 常勤の特別職の職員

(2) 一般職の職員(臨時的任用職員を除く。)

(3) 嘱託員

(対象給与)

第4条 口座振込の対象となる給与等は、次に掲げるものとする。

(1) 毎月(20日支給)の給与等

(2) 期末手当及び勤勉手当

(振込金融機関の範囲)

第5条 宇治田原町の指定金融機関、指定代理金融機関及び収納代理金融機関の本支店とする。

(振込口座の指定)

第6条 給与等の口座振込を希望(依頼)する職員は、次に掲げる区分により前条の金融機関に設ける本人名義の普通又は当座の預金口座(以下「振込指定口座」という。)のうちから、2口座まで指定できるものとする。

(1) 一口座振込制

(2) 二口座振込制

第1口座は、1万円単位の定額

第2口座は、支払給与等から第1口座振込額を差し引いた残額

(振込日)

第7条 振込指定口座への振込みの日は、宇治田原町職員の給与に関する条例(昭和43年条例第3号)に定める給与の支払日(以下「振込日」という。)とする。

(払戻時期)

第8条 職員は、振込日の午前10時以降該当金融機関の営業時間中において、自由に振込金額(給与)を払い戻すことができる。

(口座振込の届出)

第9条 職員は、給与等口座振込依頼書(別記第1号様式及び第2号様式)を総務部総務課長(以下「総務課長」という。)に提出するものとする。

2 前項の依頼書は、次に掲げる事項を変更しようとするときに準用する。

ア 振込指定金融機関

イ 振込指定口座

ウ 職員の氏名

エ 第1口座の金額変更

(届出の締切り)

第10条 前条の届出は、毎月25日(その日が土曜日、日曜日又は休日に当たるときは、その前日)を基準日とし、その翌月から取り扱うものとする。

(振込み不能時の現金払い)

第11条 総務課長は、給与計算上及び振込手続上その他の理由により給与の口座振込みが困難と判断した場合には、振込日の前日までに職員及び関係課等にその旨周知しなければならない。この場合においては、職員に対し当該給与の振込日に一括現金にて給与を支給するものとする。

2 総務課長は、振込日においてなんらかの事由により職員の指定口座に給与が振り込まれていないことを確認した場合には、直ちに職員及び関係部課にその旨を周知し、職員に現金にて当該給与を支給するものとする。

(補則)

第12条 この要綱に定めるもののほか、口座振込に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成5年4月分の給与の支給から適用する。

附 則(平成8年3月25日要綱第5号)

この要綱は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成17年4月1日要綱第2号)

この要綱は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成28年4月1日要綱第2号)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

画像画像

画像画像

宇治田原町職員給与等の口座振込制度実施要綱

平成5年4月1日 要綱第1号

(平成28年4月1日施行)