ページの先頭です

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について

[2021年7月26日]

接種証明書(ワクチンパスポート)について

 令和3年7月26日(月)から、海外の渡航先への入国時の防疫措置の緩和等を目的として、ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請受付を開始します。
 交付手数料は無料です。

対象者

 宇治田原町が発行した接種券を用いて接種した方(接種日に宇治田原町に住民登録していた方)で、入国時に、当該証明書の提示を求められる国へ渡航予定のある方。

申請方法

<窓口申請>

 宇治田原町役場 健康対策課(1階窓口4番)
 ※土曜日・日曜日・祝日を除く平日午前8時30分から午後5時15分まで


<郵送申請>
 
 〒610-0289 
 京都府綴喜郡宇治田原町大字立川小字坂口18番地の1

 宇治田原町役場 健康対策課 宛

交付方法

窓口での申請は、申請書類に不備がない場合は、即日の交付が可能です。(30分程度の時間がかかります。)

接種履歴が確認できない場合や申請書類に不備がある場合などは、即日発行はできません。

後日郵送で交付するため、返信用封筒(長形3号で84円を貼付し、返信先住所を記載)をご用意ください。

また、接種事実の確認が困難な場合、交付までに時間を要する場合があります。

申請に必要な書類

1.申請書

2.旅券(パスポート) (海外渡航時点で有効なもの)
 ※旅券に旧姓・別姓・別名を使用している人は、本人確認できる書類が必要です。

3.接種券
 ※ない場合は、接種券番号のわかるもの、または、本人確認書類(運転免許証や健康保険証等、住民票上の住所が記載されたもの)

4.接種済証または接種記録書(接種記録書は医療従事者等で先行接種した人)

5.信用封筒(長形3号の封筒に84円切手を貼付し、本人確認書類と同一の住所を記載)
 ※郵送申請または後日郵送の場合に必要

6.委任状
 ※代理人による申請の場合、委任状と代理人の本人確認書類が必要です。

<その他>

・郵送を希望される場合は、2、3、4の写しを添付してください。

・旅券の写しは旅券番号・ローマ字氏名が確認できるページの写しを添付してください。

・接種証明書は、1枚につき5g程度です。枚数に応じて切手の料金を貼付してください。

 

申請書・委任状ダウンロード

委任状

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

留意事項

・接種証明書(ワクチンパスポート)の申請先は、接種を実施した時の接種券を発行した自治体(原則、住民票所在地)となります。

・引っ越し等で1回目接種、2回目接種をそれぞれ異なる市町村の接種券を使用し接種した場合、各市町村で申請を行い、交付を受けることとなります。

・当面の間、海外渡航の予定がない場合は接種証明書の発行はできません。なお、海外渡航の予定がない方については、接種済証または接種記録書をもって、ワクチン接種済みであることを示すことができます。

お問い合わせ

宇治田原町健康対策課健康推進係

電話: 0774-88-6610 ファックス: 0774-88-3231


海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行についてへの別ルート