ページの先頭です

日本脳炎予防接種の特例措置について

[2019年6月14日]

平成17年5月30日から平成22年3月31日まで、日本脳炎の積極的な勧奨が差し控えらていたことによって、接種を受ける機会を逃した方に対して、特例措置が設けられています。

予診票がお手元にない場合は、必要枚数分発行いたします。保護者の方が母子手帳をお持ちになり、保健センターの窓口までお越しください。

平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方

この生年月日に該当される方で、20歳未満の方は、不足分を無料で接種できます。

ただし20歳を超えると、接種費用は全額自己負担になりますので、ご注意ください。

下の表の接種済み回数は、平成23年5月19日までに接種した回数です。

今後のスケジュール
接種済み回数 必要回数  1期初回(2回)、1期追加(1期) 2期(1回)

 0回

 4回

 6日以上(標準的には6~28日)の間隔をおいて2回接種し、

2回目接種から6か月以上(標準的には1年)の間隔をおいて

3回目を接種

 3回目から6日以上の間隔をおいて、

9歳以上で接種

 1回 3回

 1回目から6日以上の間隔をおいて2回目を接種、2回目の接種から

6日以上おいて3回目を接種

 3回目から6日以上の間隔をおいて、

9歳以上で接種

 2回 2回 2回目接種から6日以上おいて3回目を接種

 3回目から6日以上の間隔をおいて、

9歳以上で接種

 3回 1回

                    -

 3回目から6日以上の間隔をおいて、

9歳以上で接種

平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方

この生年月日に該当される方は、7歳半までに接種完了できなかった1期の不足分を、9歳~13歳未満の間で無料で接種することができます。9歳~13歳未満の間でないと自己負担額が発生しますのでご注意ください。

なお、接種済み回数とは、平成22年3月31日までに接種した回数です。

今後のスケジュール
接種済み回数 必要回数  1期初回(2回)、1期追加(1回) 2期(1回)
 0回 4回

 6日以上(標準的には6~28日) の間隔をおいて2回接種し、

2回目の接種から6か月以上(標準的には1年)おいて  

3回目を接種

 9歳~13歳の間で、3回目から6日以上の

間隔をあけて接種

 1回 3回

 1回目から6日以上の間隔をおいて2回目を接種、

2回目の接種から6日以上の間隔をおいて3回目を接種

 9歳~13歳の間で、3回目から6日以上の

間隔をあけて接種

 2回 2回 2回目接種から6日以上の間隔をおいて3回目を接種

 9歳~13歳の間で、3回目から6日以上の

間隔をあけて接種

 3回 1回                 -

 9歳~13歳の間で、3回目から6日以上の

間隔をあけて接種

特例対象者の接種勧奨について

令和6年度までに18歳となる特例対象者(平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれ)の方で、日本脳炎2期を接種されていない方に対して、年度当初に2期分の予診票の送付を行っています。20歳になるまでに接種してください。

また、1期の不足分がある方につきましては、対象年齢内であれば、必要枚数分の予診票を発行いたします。母子手帳を持参し、保健センターの窓口までお越しください。

お問い合わせ

宇治田原町子育て支援課児童育成係

電話: 0774-88-6636 ファックス: 0774-88-3231


日本脳炎予防接種の特例措置についてへの別ルート