ページの先頭です

宇治田原町まちの元気な企業応援事業

[2019年5月8日]

宇治田原町まちの元気な企業応援補助金

多様性のある企業のさらなる事業活性化と持続化を支援するため、町内で事業を営む中小企業者や小規模企業者が行う、販売促進・販路開拓の伴う展示会等への出展経費、新製品等を開発する経費及び生産性向上、作業効率化等を図る機械設備を導入することで、売上等の増加に結びつく経営改善事業とともに、地域の生活基盤となるまちの商店の事業承継に対する経費の一部を補助します。

対象者

(1)中小企業基本法に規定する中小企業者又は小規模企業者で町税を課税され、かつ、完納している者

(2)町内に本店若しくは支店がある法人又は町内に在住する個人事業者で、町内で1年以上営業している者

事業区分

(1)販路開拓、新製品等開発支援事業

新たな顧客の獲得に向け、京都府内外で開催される展示会へ出展する費用や出展の際に配付する会社パンフレット等の作成など新製品等の開発に要する経費が対象。ただし、過去に同内容の経費で町補助金の交付を受けている場合は対象外とします。

経費の3分の2以内で、40万円を限度。

(例)○フードエキスポ出展に係る出展料、旅費、宿泊費。 

   ○茶葉粉砕機導入による新商品の開発。

   ○自社商品のブランド化に伴うパッケージ作成。

(2)経営改善支援事業

販路開拓等で獲得した顧客のみならず、既存の顧客に対して、より良い製品・サービスを提供するために、生産性向上や省力化、高性能化に資する機械の導入等により、導入後3年間において、平均3%以上の売上等の増加に結び付く事業の経費が対象。ただし、過去に同内容の経費で町補助金の交付を受けている場合及び営業施設の整備を目的とした備品購入等(LED照明、エアコン、営業車両等)は対象外とします。

経費の2分の1以内で20万円を限度。(ただし、事業の実施については、町内業者からの調達が原則。真にやむをえない理由により町内事業者からの調達によらないものについては2分の1以内で10万円を限度。)

(例)○塗装ブースのコンベアカバーの導入により、不良品発生率を下げ、再塗装に要する作業時間の短縮により、    

    効率化を図ることで生産性が向上。

   ○需要の多いティーバッグ茶専用機械の導入により、より多くの顧客に商品を供給でき、売上の増加。

(3)事業承継支援事業

地域経済に貢献する中小企業等において、持続的発展を目指し、事業承継を予定している企業に対し、事業承継に係る経費を補助。

経費の2分の1以内で10万円を限度。

(例)○後継者が事業承継を行うにあたり必要となる事務費。

   ○第2創業を進めるためのマーケティング調査費。

   ○後継者候補となる人材を公募するための広報費。

お問い合わせ

宇治田原町産業観光課商工観光係

電話: 0774-88-6638 ファックス: 0774-88-3231