ページの先頭です

熱中症に注意しましょう!

[2018年8月16日]

熱中症にご注意を

 記録的な猛暑が続き、熱中症による健康被害が多数報告されています。ひとりひとりが正しい知識を持って、熱中症を予防することが必要となっています。ご家族や友人、ご近所同士でお互いに気を付けて声をかけあい、厳しい暑さから命を守りましょう。

熱中症とは

 高温多湿な環境によって、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく、室内で何もしていない時でも発症します。暑さの感じ方は、人によって異なります。その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響するため、体調の変化に気を付けましょう。

熱中症の症状

・めまい

・立ちくらみ

・手足のしびれ

・気分が悪い

・頭痛

・吐き気

・嘔吐

こんなときはためらわずに救急車を呼びましょう

・意識がおかしい

・自分で水分が取れない

患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)

 高齢者は暑さやのどの渇きに対する感覚が鈍くなります。また若年者よりも体の水分量が少ない上、体の老廃物を排出する際にたくさんの尿を必要とします。室内や夜間にも熱中症になることがあります。

子どもの熱中症にも注意

 子どもは、体温調節機能が十分に発達しておらず、身長が低いため、暑い地面の照り返しの影響を強く受けます。特に乳幼児は、自分で水分を補給したり、服を脱ぐなどの暑さ対策ができないことも熱中症への危険を高めます。

 車内の温度は、短時間で一気に上昇します。冷房をつけていても、何かの拍子で切れることもあるので、車内への置き去りは、わずかな間であっても控えましょう。

熱中症予防

(1)暑さを避ける

・扇風機やエアコンで温度を調整(28度を超えないように)

・すだれ、打ち水を利用

・日傘や帽子の利用

・通気性の良い衣服を着用する

・こまめな休憩をとる

(2)水分補給

・のどの渇きを感じなくても水分補給を心がけましょう

・汗をかいた時は、適度な塩分補給も必要です

熱中症になった時の処置

(1)意識がある、反応が正常な時

・涼しい場所へ避難させる

・衣服を脱がせ、身体を冷やす(特に首の回り、脇の下、足の付け根を冷やす)

・水分・塩分を補給する

※ただし、自力で水を飲めない、または症状が改善しない場合は直ちに救急隊を要請しましょう

 

(2)意識がない、反応がおかしい時

・救急隊の要請をする

・涼しい場所へ避難させる

・服を脱がせ、身体を冷やす

・医療機関に搬送する

詳しくは京都府・厚生労働省等のホームページへ

お問い合わせ

宇治田原町健康福祉部健康児童課保健予防係

電話: 0774-88-6636 ファックス: 0774-88-2991


熱中症に注意しましょう!への別ルート