ページの先頭です

建設予定地の地質調査と土壌調査結果について

[2018年4月19日]

新庁舎建設予定地の地質調査(ボーリング調査)を実施しました。

 平成32年度の竣工を目指している新庁舎建設予定地の地盤情報(支持層)を得るために地質調査(ボーリング調査)を行いました。
 調査場所並びに調査結果は以下の添付ファイルの通りです。
 支持層とは構造物を支えることができる地盤のことです。

調査場所

調査場所

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

調査結果

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

土壌調査を実施しました

 土壌汚染対策法に規定されている26種類の特定有害物質が新庁舎建設予定地の土壌に含まれていないか、地質調査を行った同じ個所で土壌調査を実施しました。
 その結果、NO1ではヒ素、そしてNO2、NO5、NO6ではふっ素が検出されましたが、土壌汚染対策法に規定する基準を超過する分量は検出されませんでした。調査位置並びに結果については次の表のとおりです。
 平成29年4月1日に土壌汚染対策法が改正されたことに伴い特定有害物質が追加され、NO4、NO5、NO6は28種類調査しています。

調査場所

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

調査結果

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

宇治田原町建設事業部プロジェクト推進課庁舎建設係

電話: 0774-88-6616 ファックス: 0774-88-3231


建設予定地の地質調査と土壌調査結果についてへの別ルート