ページの先頭です

高校通学費補助

[2021年2月22日]

補助概要

1.対象

 町内に在住する方で、高等学校(専修学校及び各種学校を含む)にバス通学などをしている生徒の保護者

(ただし、支給対象期間は中学校卒業後3年間です。)  

2.補助金額

バス乗車区間に応じて補助を行います。

定期券を利用している方の補助率

令和2年1学期(4月~7月)まで

  • 世帯全員の町民税所得割課税額の合計が211,200円以下の所得の場合
    バス停区間の学期定期券相当額
  • 世帯全員の町民税所得割課税額の合計が211,200円を超える所得の場合
    バス停区間の学期定期券相当額の3分の2

※課税額を計算する際は、住宅借入金等特別税額控除は適用されません。

 

令和2年8月以降

  • 保護者の町民税所得割課税額が非課税の場合
    バス停区間の学期定期券相当額
  • 保護者の町民税所得割課税額が課税されている場合
    バス停区間の学期定期券相当額の2分の1

※課税額を計算する際は、住宅借入金等特別税額控除は適用されません。

定期券を利用していない方の補助率

令和2年1学期(4月~7月)まで

  • その他の手段により通学されている方
    バス停区間の学期定期券相当額の分3の1

令和2年8月以降

  • その他の手段により通学されている方
    バス停区間の学期定期券相当額の分4の1

   ※ 8月分については通学日数に応じた補助となります。

   ※ 高校3年生の3月分については補助対象外となります。

 

備考

補助金額の計算にあたっては、「学期別定期券」を基準とします(ただし、8月分については1ヵ月の通学定期券を基準とします)。

定期券を利用している期間と、利用していない期間が混在する場合は、それぞれに月分を計算して、合計額を補助しています。

3.必要書類

  1. 高校通学費補助金交付申請書
  2. 通学定期券を利用している方:通学定期券の原本(各学期・各月分)
    通学定期券以外の手段により通学している方:学生証の写し

 ※ 令和2年4月以降の利用分については、定期券のコピーは不可とします(必ず定期券の原本を提出してください)。ただし、「3学期」の学期別定期券など、3月分を含む定期券の場合のみコピー可とします。

申請書ダウンロード

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

申請書の配布

高校通学費補助金交付申請書は、申請受付期間中、教育委員会学校教育課に備え付けています。

4.申請受付期間及び申請場所

申請受付期間:令和3年3月1日(月曜日)~令和3年3月31日(水曜日)

申請場所 教育委員会学校教育課(新庁舎2階)

※今回は令和2年度3学期分までの未申請分が対象です。

※受付は宇治田原町役場(新庁舎)となります。総合文化センターでは受付をしておりません。

※中学校卒業後3年を超えると申請できませんのでご注意ください。平成30年3月に中学校を卒業された方は上記の受付期間に必ず申請してください。

※令和2年4月以降の利用分については、定期券のコピーは不可とします(必ず定期券の原本を提出してください)。ただし、「3学期」の学期別定期券など、3月分を含む定期券の場合のみコピー可とします。

お問い合わせ

宇治田原町学校教育課

電話: 0774-88-6612 ファックス: 0774-88-3780