ページの先頭です

平成25年度家庭ごみ、古紙等回収量

[2016年4月6日]

ごみの量が増加しています。「一層のごみ減量意識を」

 本町では、ごみの減量・再資源化を進めるため、平成21年1月から家庭ごみの透明袋化を実施しています。これまでは前年と比べ、着実にごみ量が減少していましたが、平成23年度からは増加に転じ、現在では横ばいの傾向にあります。
 ごみの分別、減量への意識をもう一度確認し、ごみの減量に引き続きご協力をお願いします。

燃やすごみ、燃やさないごみ

 平成25年度のごみの量は、燃やすごみ1,619t(前年度比0.7%減)、燃やさないごみ681t(前年度比2.9%増)となりました。
 透明袋化の導入前(平成19年度)と比べて12.7%減少しています。

平成19年度から平成25年度のごみの量の推移のグラフ。燃やすごみは1818トンから1619トン、燃やさないごみは818トンから681tとなり、減少傾向になっていますが、ここ数年は、ほぼ横ばい傾向で推移しています。

古紙・古布集団回収

 各地域などで実施されている平成25年度の古紙・古布集団回収量は、古紙510t(前年度7.1%減)、古布22t(前年度比5.6%減)となりました。
平成19年度から平成25年度の古紙・古布回収量の推移のグラフ。古紙は576トンから510トンでゆるやかに減少傾向にありますが、古布は9トンから22tと増加しています。

廃食用油回収量

 本町では町内の各公民館などに廃食用油回収ボックスを22基設置し、廃食用油の再資源化を推進しています。平成25年度の廃食用油の回収量は2,998リットル(前年度比15.6%減)となりました。
平成19年度から平成25年度の廃食用油回収量は2214リットルから2998リットルで増加していますが、平成24年度は3551リットルであり、前年比では減少しています。

飲食料缶・紙パックのリサイクル

 古紙・古布、廃食用油に加え、平成26年度から町内全地区で飲食料缶と紙パックの集団回収を開始しています。
ごみの減量とリサイクルの推進にご協力をお願いします。

お問い合わせ

宇治田原町 建設環境課 環境係
電話: 0774-88-6639 ファックス: 0774-88-3231