ページの先頭です

犬や猫は最期まで責任を持って飼いましょう

飼えなくなった犬や猫の引取りは原則お断りします

 改正「動物の愛護及び管理に関する法律」が平成25年9月1日に施行され、動物の飼い主には、「終生飼養(その動物が命を終えるまで適切に飼養する)」の責任があることが、法律上明確にされました。

 このため、保健所では、新たな飼い主を探す努力を行っていなかったり、老齢や病気等を理由として犬・猫の引き取り依頼をされても、原則引き取りはされません。

 犬や猫をこれ以上飼い続けられないと思った時は、まずはご自身で新しい飼い主を探してください。ご近所や知人に聞く、インターネットや情報誌で募集するなど、様々な方法があります。 

 また、犬の鳴き声や咬みぐせ等の身体の病気が原因でない問題行動については、「しつけ」で直すことができる場合もあります。動物病院や犬の訓練士等にご相談ください。

 なお、動物を捨てることは犯罪です。100万円以下の罰金が科される場合があります。

 それでもどうしても飼えない場合は、京都府山城北保健所へご相談ください。

 京都府山城北保健所衛生室 電話: 0774-21-2912

お問い合わせ

宇治田原町 建設環境課 環境係
電話: 0774-88-6639 ファックス: 0774-88-3231