ページの先頭です

企業成長応援事業(平成31年3月31日まで)

 多様な企業の育成や経営改善を応援するため、町内で事業を営む中小企業者や小規模事業者が行う、新製品、新商品、新サービス等の開発や販路開拓等の企業成長に資する事業及び生産拡大、効率化、コスト削減等の経営改善に資する事業に対して補助金を交付します。

要件

  • 中小企業基本法に規定する中小企業者または小規模事業者又は町内に本店もしくは支店がある法人、または町内に在住する個人事業者で、町内で1年以上営業している者
  • 宇治田原町税を課税され、かつ完納していること

交付申請

  • 「宇治田原町企業成長応援補助金交付申請書(別記第1号様式)」に様式下部に記載の添付書類を添えて、産業観光課へ提出
  • 複数の中小企業者等が共同で実施する場合は、連名で申請書を提出(変更申請及び実績報告も連名で提出)
  • 補助金の申請は、平成29年4月1日から平成31年3月31日までの間で「事業区分」ごとに各1回限りとする

実績報告

  • 助成金の交付を受けた事業者は、事業完了後、速やかに実績報告書(別記第5号様式)を提出
補助対象及び基準等
事業区分補助対象の基準及び経費補助率及び補助基準額
企業の成長応援事業商工会の経営指導及び推薦を受け、町内事業所において企画研究開発を行い製品化・商品化・サービス提供に至った事業に要する経費又は販路開拓のための展示会等への出展に要する経費補助対象経費の3分の2以内(上限40万円)。ただし、複数の中小企業者等が共同で事業を実施する場合は事業参画企業者等の数に40万円を乗じて得た金額を限度とする。(千円未満の端数切り捨て)
経営改善事業商工会の経営指導及び推薦を受け、生産設備の増強、高性能機器の導入、ICTの活用等により売上げ増やコスト削減等の経営改善効果が数値に顕れる事業を実施するために要する経費。ただし、事業の実施においては町内事業者からの調達を原則とする。

補助対象事業費の2分の1以内(上限20万円)。ただし、真にやむを得ない理由により町内事業者からの調達によらないものについては2分の1以内(上限10万円)。(千円未満の端数切り捨て)

中小企業融資利子補給

 町内の事業者が、京都府の中小企業融資制度や株式会社日本政策金融公庫の融資制度を利用した場合、借入に係る利子の一部を補給します。

 中小企業者融資利子補給のページを開く

 

中小企業者資金借入保証料補給

 町内の事業者が、京都府の中小企業融資制度を利用した場合、借入に係る保証料の一部を補給します。

 中小企業者資金借入保証料補給のページを開く

 

中小企業信用保険法に係るセーフティネット保証制度

 経済産業省に指定されている業種の町内の中小企業者が、取引先等の再生手続き等の要因により経営の安定に支障を生じている場合、町長の認定を受けることで一般の保証限度額とは別枠の限度額を加えた保証付き融資を信用保証協会に申し込むことができる制度です。経営の不安定化の原因別に認定を受けることができます。

 認定申請書様式等詳しい内容は「セーフティネット保証」のページをご覧ください。 

 「セーフティネット保証」のページを開く

お問い合わせ

宇治田原町建設事業部産業観光課商工観光係

電話: 0774-88-6638 ファックス: 0774-88-3231


中小企業支援制度への別ルート