ページの先頭です

 役場に印鑑登録をして、証明書が発行される印鑑のことを実印といいます。
 実印と印鑑登録証は、本人の権利を守る大切なものですから、紛失しないようにご注意ください。

印鑑登録

印鑑登録ができる人

 印鑑登録ができる人は、住民登録をしている人です。ただし、満15歳未満の人と、成年被後見人は登録することができません

印鑑登録の方法

本人申請の場合

 登録する人は本庁の備え付けの申請書に必要事項を記入し、

  1. 登録する印鑑
  2. 官公署発行の顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

を添えて申請してください。手数料は300円です。
 なお、次のような印鑑は登録できません。

  • 氏名以外の事項を表しているもの。
  • ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの。
  • 印影の大きさが1辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの又は1辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの。
  • 印影が不鮮明なもの又は文字の判読が困難なもの。
  • そのほか町長が不適当と認めるものなど。

 また、登録のときの本人確認は運転免許証等の提示以外にも、本庁に印鑑登録している人の保証印(実印)と署名、または文書照会による回答でもできます。ただし、文書照会による回答の場合でも、保険証、年金手帳などの官公署発行の本人確認書類が必要になり、登録できるまでに数日かかります。

印鑑登録を代理人に委任する場合

 登録申請者が疾病その他やむを得ない理由により、自ら申請することができないときは、

  1. 委任の旨を証する書面(代理人選任届)
  2. 登録する印鑑
  3. 代理人の官公署発行の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

を添えて代理人により申請することができます。文書照会による回答により手続を行いますので、登録できるまでに数日かかります。

 印鑑登録証の受領に登録者本人が来庁できるときは、

  1. 本人が記載し、登録印を押印した回答書
  2. 本人確認書類(運転免許証、保険証など)

をご持参ください。

 印鑑登録証の受領も代理人に委任されるときは、

  1. 回答書及び代理人選任届に登録者本人が記載し、登録印を押印したもの
  2. 登録者と代理人の双方が本人であることが確認できる書類(運転免許証、保険証など)

をご持参ください。

ダウンロード

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

印鑑登録証明書の申請

 印鑑登録証明書の申請には、印鑑登録証と官公署発行の本人確認書類をご提示の上、窓口に備え付けてある申請書に住所、氏名、性別、生年月日、申請枚数を記入して申請してください。手数料は1枚300円です。
 なお、代理人に委任される場合は、印鑑登録証を代理人に預けることで委任となりますので、書面での委任状は必要ありません。印鑑登録証と代理人の官公署発行の本人確認書類をご提示の上、窓口に備え付けてある申請書に登録者の住所、氏名、性別、生年月日、申請枚数と代理人の住所、氏名を記入し押印して申請してください。

※印鑑登録証や実印を紛失した、または印鑑登録を廃止したいときは、担当課へお問い合わせください。

お問い合わせ

宇治田原町総務部税住民課戸籍住民係

電話: 0774-88-6633 ファックス: 0774-88-3231