ページの先頭です

 町では住民のみなさんの個人情報を保護するため、個人情報の取扱いに関する基本的なルールを定めるとともに、自己に関する個人情報の開示等を請求する権利を保障する個人情報保護条例を制定しています。
 この条例により、住民のみなさんの大切な個人情報を適正に取り扱い、プライバシーその他個人の権利利益を保護し、信頼される町政運営に努めています。

個人情報とは

 特定の個人が識別され、または識別される可能性のある情報をいいます。

請求ができる人

 町において、自分に関する個人情報が保有されている人は、誰でも請求できます。

制度を実施する町の機関

 町長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会、農業委員会、固定資産評価審査委員会、水道事業管理者及び議会です。

請求ができる個人情報

 実施機関の職員が職務上作成し、または取得した文書、図面、写真、電磁的記録の記録媒体等であって実施機関が管理しているもの。

請求の方法

 所定の請求書に必要事項を記入し、個人情報保護窓口(役場 企画・財政課)に提出してください。
 ※請求書の受付にあたっては、本人であることを確認できる書類が必要です。
 ※電話、FAX、郵送による請求はできません。

請求に対する決定

 請求があった日から正当な理由のある場合を除き、15日以内に請求の可否に対する決定を行い、請求者に書面で通知します。

開示の方法

 通知書でお知らせした日時・場所で文書の閲覧、写しの交付を行います。
 ※開示にあたっては、請求書の交付のときと同様に本人であることを確認できる書類が必要です。

費用

 個人情報の開示、訂正及び利用停止等請求に係る手数料は無料です。ただし、写しの交付や郵送を希望される場合は、必要な費用を負担していただきます。

開示できない情報

 請求された個人情報は開示することを原則としていますが、次の情報は開示されないことがあります。

  • 法令等で開示できないとされている情報
  • 開示請求をした本人以外の個人情報が含まれている情報
  • 法人(事業者)の正当な利益を害する情報
  • 公共の安全と秩序の維持に支障が生じる情報
  • 国等との協力関係または信頼関係を損なう情報
  • 個人の評価等に関する情報
  • 町の事務事業に係る意思形成に支障が生ずる情報
  • 町の事務事業の公正・適正な執行を妨げる情報
  • 未成年者等の法定代理人による開示請求で、開示することで当該未成年者等の権利利益を害するおそれがあると認められるもの

個人情報の取扱いに関する基本的なルール

 実施機関では様々な情報を扱っていますが、個人情報を取り扱うときは、次のことを基本とします。

収集

 個人情報を収集するときは、事務目的を達成するために必要な範囲内で、適法かつ公正な方法で収集します。
 原則として、本人から直接収集します。
 収集禁止事項に関する個人情報は収集しません。(思想、信条及び信教に関する個人情報、個人の特質を規定する身体に関する個人情報、社会的差別の原因となるおそれのある個人情報)

利用及び提供

 原則として、個人情報を収集目的以外に利用しません。

適正な維持管理

 個人情報を正確かつ最新の情報に保つこと、また、個人情報の漏えい、滅失及びき損を防止し、必要のなくなった個人情報は、確実かつ速やかに廃棄します。

個人情報取扱事務の届出

 個人情報を取り扱う事務は、個人情報取扱事務目録に登録します。
 ※個人情報取扱事務をまとめた個人情報事務目録は、個人情報保護窓口で閲覧できます。

ダウンロード

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Word Viewer の入手
docファイルの閲覧には Microsoft社のWord Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Word Viewer をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

宇治田原町総務部企画財政課情報係

電話: 0774-88-6632 ファックス: 0774-88-3231


個人情報保護制度への別ルート